自動車購入を考えていて、他にもクレジットカードローンがあるなら1本化を!

銀行などの金融機関のポスターやCM等で「おまとめローン」の言葉を聞いたり見たりした方は多いはず。


カーローンの他に、クレジットカードローンも支払っていると、利息も2重になってしまい、返済が負担になってきます。そんな時は全てのローンをまとめて1本化するのがお勧めです。


カーローンを利用する場合にはディーラーから見積書を受け取り、それを元に金融機関に借入金の申込をするのですが、審査が通り、一旦全額が融資されます。そこからディーラーに購入費を支払うのですが、他にあるクレジットカードローン等の額が30万円以下程度の小額の場合、ディーラーに相談して見積額を上乗せしてもらう事が出来れば、ディーラーに支払った金額の残りで他のローンの一括払いが可能です。そうすれば、他のローンに加算されるはずだった利息分は減ります。


カーローンではなく同じように低金利で利用できる「おまとめローン」を利用する場合も同じです。


どちらの方法もいくつもあった返済日が1日で済む事になりますし、各社に渡っていた借入金をまとめることで、より低金利で利用でき、総支払額の節約につながります。場合によっては支払期間の短縮も可能です。


しかし、この「おまとめローン」を利用する際には注意が必要です。


いくつかのローンをまとめる為、その額が大きくなるので支払期間を長く設定し、月の返済額を少なくしてしまった場合です。この場合は、支払期間を長くしてしまった為に、その分利息が付き、結果、支払総額がまとめる前の金額を超えてしまうのです。


そうならない為にも、月の返済額と支払期間には注意しましょう。

↑ PAGE TOP