カーローンを利用する前に、総量規制を覚えておこう。原則は年収の1/3

「総量規制」という言葉を聞いた事はありませんか?


これは長引く不況や就労状況の悪化に伴い、自己破産等が続出したため、2010年6月18日に国か改正し、完全施行した貸金業法の新しい制度です。


それまでは制限が緩いものでしたが、重い借金を重ねて悲惨な事例が多発し始めた為、改正されたのです。


この「総量規制」で定められた年間借入可能金額は「年収の1/3」とされ、対象となるのは消費者金融・信販会社・クレジット会社・事業者金融会社からの借り入れになります。


ですので、年収が150万円の方は総額50万円まで。300万円なら総額200万円までしか借入できない、ということです。


これは国民の収入状況に応じ、目安として定められたものですが、カーローンは「総量規制」の適用外になります。


しかし、その他にクレジットローン等があり、年収のおよそ半分を借入金返済の為に利用しているのならば、当然日常生活にも影響が及びますので、改めて返済方法の変更を検討するべきです。


この年収の1/3という数字はあくまでも最大支払金額の目安ですから、ぎりぎり年収の1/3まで返済に充てていればその分生活に影響が及ぶのは当然です。


独身者であれば、年収の1/3の返済でも何とかなるかもしれませんが、家族がいて加えて住宅ローンも支払わなければいけない場合などは、年収の1/3でも安心は出来ません。


一般に、余裕のある暮らしをしながら返済していける金額は、年収の2割と言われています。ですから、カーローンを組む場合はその他の返済と合わせて年収、もしくは月収の2割までを返済金額と覚えておきましょう。

↑ PAGE TOP